睡眠障害|河原町メンタルクリニック|不眠症

お気軽にご相談ください022-738-7757

お電話

睡眠障害

不眠症について

「寝つきが悪い」「夜中や早朝に目が覚める」「熟睡感が無い」――と言うような睡眠トラブルのために、日常生活に支障をきたす状態になり、しかもそれが慢性的に続くようなら、不眠症を疑ってみる必要があります。
睡眠時間には個人差があるため、7時間以上眠っているにもかかわらず「眠れない」と感じる方がいる一方で、3~4時間の睡眠でもまったく問題の無い方もいます。そのため、客観的に何時間眠っていようと、本人が安眠・快眠できないと自覚する状態が続けば、不眠症と診断することになります。

こんな症状の場合はご相談ください(例)

  • 寝つくまでに時間が掛かるようになった
  • いったん寝入っても、夜中に何度も目が覚める
  • かなり早く目覚めるようになり、その後も寝つけない
  • 睡眠時間は確保しているが、眠りが浅く、眠った気がしない

根本的な原因を探ることも重要

不眠症は誰もがなり得る症状であり、決して珍しい疾患ではありません。また、うつ病など他の精神疾患の症状の一つとして不眠症が現れてくることもあります。それだけに睡眠薬で解決するだけではなく、併せて根本的な原因を探ることも重要です。

不眠症は4つのタイプに分類

不眠症は、入眠障害・中途覚醒・熟眠障害・早朝覚醒の4つに分けられます。詳細は以下の通りです。

入眠障害

寝つきが悪く、なかなか眠れないタイプ(30分~1時間以上)で、心配事やストレスなどによって起こりやすくなります。ただし、一度寝ついてしまえば朝まで眠れることが多いものです。入眠障害は、不眠症の中でも一番よく見られます。

中途覚醒

寝つきは良いものの、寝ている途中にトイレなどで起きてしまうと、その後眠れなくなってしまい、そのために熟睡感が得られないタイプです。

熟眠障害

十分な睡眠時間をとっていても眠りが浅く、目覚めたときに熟睡感が乏しいタイプです。高齢者や神経質な人に多く見られます。

早朝覚醒

寝つきは良く、すぐに眠れるものの、朝早く目が覚めると、そのまま眠れなくなってしまうタイプです。うつ病の患者さんや高齢者に多く見られます。

不眠症の治療

不眠症の治療は、その原因によって内容も変わってきますが、薬物に頼らず生活習慣の改善を中心とした非薬物療法(生活習慣の改善)と薬物療法が中心になります。

非薬物療法

生活習慣の改善による不眠治療です。室温、部屋の明るさなどを調節することにより睡眠が得られやすい環境にする、音楽や読書などによりリラックスできる時間をつくる、睡眠時間の4時間くらい前に食事を済ませ、入浴は1~2時間前にする、毎朝、朝日を浴びて正確な体内時間を設定する、などです。

薬物療法

不眠のタイプによって、睡眠薬のタイプもそれぞれ変わってきます。寝つきが悪い、途中で起きてしまう、早く目が覚めてしまう、などの症状に応じて、相応しい睡眠薬が個別に処方されます。また、抗うつ薬や抗不安薬などが使用されることもあります。服用にあたっては、医師に指示された用法・用量を守って、正しく使用しましょう。

その他の睡眠障害について

不眠症以外の睡眠障害もいくつか紹介すると、寝ている間に呼吸が止まったり、再開したりを繰り返す睡眠時無呼吸症候群(SAS)があります。SASは、空気の通り道である上気道が物理的(肥満、脂肪が多く短い首、舌が大きい、あごが小さいなどにより)に狭くなることで、呼吸が止まってしまう閉塞性睡眠時無呼吸タイプと呼吸中枢の異常による中枢性睡眠時無呼吸タイプに分けられますが、多くの場合は呼吸器内科での診療となります。
精神状態の影響による睡眠障害としては、夜間に十分寝ているはずなのに脳内の覚醒維持機能の異常あるいは、何らかの原因で夜間の睡眠障害があるため日中眠くなるとされる過眠症や、昼夜のサイクルと体内時計のリズムが合わないことによる概日リズム睡眠障害、その他にも足がムズムズする感覚が起こることで睡眠を妨げる「むずむず脚症候群」などもあります。睡眠障害が続いている状態を感じている時は、一度当クリニックをご受診ください。