パニック障害|河原町メンタルクリニック|発作 予期不安 広場恐怖

お気軽にご相談ください022-738-7757

お電話

パニック障害

パニック障害について

動悸、息苦しさや手の震え、怯えや強い不安を伴う急性の発作(パニック発作)をくり返し体験することで、発作の無い時にも「いつまた発作が起こるだろうか」と再発への恐れ(予期不安)が続く不安障害の一種です。パニック障害の患者さんは、発作や予期不安のために人混みを避けたり、外出がままならなくなったりするなど、生活の幅が狭まってしまうことで、仕事や社会生活の質を損ねてしまいます。パニック発作では、突然起こる激しい動悸や発汗、頻脈(心拍数が増加している状態)、震え、息苦しさ、胸部の不快感、めまいといった身体的な症状に加えて、「死んでしまうのではないか」と思うほどの強い不安感に襲われます。同時に足がフワフワして力が入らず立っていられないような感じになることもあります。こうした発作は、多くは20~30分くらい、長くても1時間以内には治まります。パニック発作を起こして救急車で病院に運び込まれるケースもありますが、医師の診察を受ける頃には発作は消え、心電図検査や血液検査などをしても異常は見られません。パニック障害は、検査をしても身体的な異常が見当らないのに、こうした発作をくり返すのが特徴です。似た症状を呈する疾患に過換気症候群や甲状腺疾患などがありますので、それらとの見分けも大切になってきます。

パニック障害の3大症状

先に述べたパニック発作を繰り返すうちに、再び発作を起こしたらどうしようかという、パニック発作に対する強い恐怖感や不安感が生まれてきがちです。これを「予期不安」と言います。
予期不安は、逃げ場の無いような場所で症状が起きたらどうしよう、発作を他人や大勢の人に見られたら恥ずかしい、といった不安や恐怖を生み、大勢の人が集まる場所などを避けるようになります。これが、「広場恐怖(外出恐怖)」です。
「パニック発作」と「予期不安」、「広場恐怖」はパニック障害の3大症状と言われる特徴的な症状で、この3つの症状は、悪循環を形成してパニック障害を悪化させがちです。パニック障害が悪化すると、行動半径が狭まったり、人前に出るのを嫌って閉じこもるようになったりし、通常の社会生活が営めなくなります。また、うつ病を併発するケースもあります。

パニック障害の治療

パニック障害に対する治療の基本は、抗不安薬や抗うつ薬のSSRIによる薬物療法です。個々の患者さんの病態に合わせて、それぞれにふさわしい薬が処方されます。
薬によって発作が治まる、あるいは薬で発作を抑えられると実感出来るようになると、少しずつ自信が回復し、発作の出現をさらに減らすことにもつながっていきます。